ショッピングカート

(0) 合計 ¥ 0 カートを見る

現在カート内に
商品はございません。

[群馬県]
近藤酒造株式会社

四年連続金賞受賞、杜氏のプライド。
端麗、辛口、飲み味スッキリ。

01

群馬に銘酒なし

私が子供の頃、生まれ育った故郷の群馬県では、「群馬に銘酒なし」と聞いていました。そもそも群馬は、お米の栽培が盛んではありません。昔から酒どころは米どころであることが多いと聞きます。
しかし群馬は酒どころのもう一つの条件「水どころ」は満たしていました。

近藤酒造の近藤常務に出会ったのは、銀座にあるお寿司屋さんでのイベント。
地元にこんなに美味い酒があったのか!と驚きました。

02

辛口一筋、男の酒

群馬県は赤城山が有名。その赤城山の麓に位置する大間々町にて明治8年(1875年)に近藤酒造を創業。
赤城山の伏流水で仕込み、辛口の酒一筋にこだわってこられたそうです。
現在の杜氏は伝統の南部杜氏。伝説の技をここ赤城の麓で存分に振るわれています。仕込みには米を洗うのも手洗い、全ての作業が本当の手作業です。酒の温度も杜氏自ら管理し、夜中も毎晩2時間おきに起きて温度を測るそうです。
我が子を育てるのと一緒だよ、と杜氏はおっしゃいます。

03

群馬に美味い
酒あり

そんなこだわりは着実に身を結び、全国新酒鑑評会では四年連続の金賞を受賞、関東信越国税局評議会でも最優秀賞 首席を受賞。
近年ますます、その評価を高めています。
しかしそんな肩書きよりも「まず飲んでみろ」と言いたくなる酒。赤城山の特徴は、辛口のさっぱりした飲み口。最初に飲んだときにすっと喉に入ります。うちは男の酒だと言い切る杜氏の矜持が感じられる酒です。

04

幻の一本

QOOTOKでは、大吟醸、純米吟醸など赤城山の人気酒を取り揃えました。
そして今回は、杜氏入魂の作である「特別大吟醸」をお分けいただくことに成功しました。本来こちらは品評会用の作品で一般販売向けではありません。
ですが、どの酒蔵も最も気合を入れて作る酒蔵を代表する酒でもあります。非常に数が限られたお酒ですのでぜひお早めに!