ショッピングカート

(0) 合計 ¥ 0 カートを見る

現在カート内に
商品はございません。

[奈良県]
株式会社アスカグリーンファーム

国産キクラゲNo.1への挑戦

01

花咲く地で花束を

ここは奈良県五條市。
名水あふれる自然豊かな郷。アスカグリーンファームは、とてもうらやましい環境にあります。吉野川沿いに建てられた農場の周辺には立派な桜の木々、それを取り囲むウッドデッキ、これからは宿泊施設も揃えるということです。
こんなところで働けたら幸せだなぁ、と言う言葉が思わず口について出てきました。

02

97%からの脱却

同社は国産のキクラゲを育てています。
中華料理などでよく使われる食材です。
大変に栄養価も高く、しかも美味しいキノコ、それがキクラゲです。
ですが、実は国内で消費されるキクラゲの97%は輸入品です。
アスカグリーンファームはキクラゲの国産日本一になろう!という信念のもとに設立されました。設立以来の不断の努力が身を結び、2015年には近畿地方では初となる周年のキクラゲ栽培ハウスを完成、今や押しも押されぬ国内最大規模のキクラゲ生産者となっています。さらに、菌からキクラゲを育てる菌床のオガクズまで、すべて国産にこだわっています。

03

暗闇の中の
ほのかな光

キクラゲの栽培方法は生産者によって様々ですが、同社ではすべて独自のハウス栽培です。
中に入ると真っ暗な闇、そしてムアッとする様な濃いミスト(霧)の中でキクラゲは育てられています。
菌による影響を抑えるために納豆を食べた日や酒蔵で働いている人などは中に入れないそうです。
アスカグリーンファームの皆さんはこの暗闇の中、懐中電灯などでそっと照らしながらキクラゲの手入れをされています。
面白いことに収穫は食卓で使われるスプーンで行います。スプーンの形や大きさも、職人さんそれぞれにこだわりがあるそうです。

04

0.01%への挑戦

ところで、
皆さんの知っているキクラゲは何色でしょうか?

ほぼ黒と言える濃いこげ茶色をしていませんか?
アスカグリーンファームでも通常のキクラゲはもちろん栽培していますが、次に私が見たキクラゲは真っ白。
これは衝撃でした。
まるで花束の様な美しさを持つ「白いキクラゲ」。
天然ではおよそ10,000株に1つ、わずか0.01%の確率で真っ白いキクラゲが発生するようです。
アスカグリーンファームはこの「白いキクラゲ」の生産技術を確立しました。
花のように美しいこの白いキクラゲは、見た目だけでなく栄養価の高さも魅力。貴重な栄養素を多く含むキクラゲですが、ビタミンDは黒いキクラゲのなんと約6倍。なかなか摂りにくい葉酸も豊富で、妊婦さんの葉酸補給にもおすすめできる食材です。

QOOTOKではこの貴重な白いキクラゲをはじめ、アスカグリーンファームさん自信の食材を取り揃えております。
国産のキクラゲをお料理にどんどん取り入れていただければと思います。そして、いつかアスカグリーンファームさんにも訪れてください。
そこには、綺麗な川と桜、そして白い花束が待っています。